+TORD BOONTJE
+TWITTER
+R ARCHIVES
枢やな画集 黒執事2
枢やな画集 黒執事2 (JUGEMレビュー »)
枢 やな
なにこれ見たことないんですけど!?という一枚は良く見たら描き下ろしって書いてあった。そうでございますか・・・ありがたやありがたやと思わず手を合わせてしまう一冊。一冊目より最近の絵が多いので期待してましたが期待以上だったそしてアニメイト特典がまたすごかったありがたやありがたや。
今年はまたミュージカルあるしね! 誌上先行当たったことないけど当たりますように!
+OTHERS


みんなのブログポータル JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
最近の気になるとこリストによせて。
 ・SOOM-ロゼット男子
 ってこれ、話題にするには第一弾の販売終わっちゃってますが、今"MAD HATTER"って特別ver.販売してっから! 思えば、ロゼット男子を夢見たのは女子高スタイルで販売が始まった当初からでしたが、なかなか実現しないままものすごく時間が経ってしまった気がしますが、同様に期待していた方はそんなに少なくない気が。念願の男子ver.だったものの、デビューの衣装はセーラーとなっており個人的には確かにそうなるんだけど私向きではない、ということで今回はスルー。私が唯一持っているロゼットさんはスチームパンクパーツが選べたときに購入したので、どうせなら同じようなテーマで出た時に男の子が欲しいっす。ま、もちろん妖精耳で出たら全力で食いつきますが。今回のMAD HATTERに関しては、ファンタジーなのは確かに、なんですが、私はアリスの世界観にあまり引きが無いタイプなので(不条理な上に夢オチというのがキツイ)今後に期待。機械羽をおそろいで背負わせたいわ〜。
 今回男の子になった女子高ロゼット組。男の子ver.だとViolet(Victor)が一番好みの顔だった。
 
 ・SOOM-人魚さん男の子ver.
 以前女の子ver.で出た時にすごく悩んだものの、全体的な色彩が少し鮮やかすぎるのが気になって結局諦めたものの、その後生で見る機会がありその造形の出来の良さに多少なりとも後悔したもんですが、今回の男の子たちは色彩ない!かといってちょっと黒すぎる気もするうるせーなじゃあ自分で塗れよと自分でも思わなくもないですが、そこはそれ、いつか王子様が♪的にドールに関しては気が長いので次のチャンス(フリーチョイスに来たら!)を待つことにした。先月インドで大理石の神様像にはりこんでしまったばかりで気が咎めたというのもありますが! いやーしかしこれ、Free!二期のときに出てたらもっと売れてたね(笑)。

 ・Doll Chateauの新作
 ひたすら我が道を行くメーカー、それがここ。新作の"Arali"は人間らしいのはヘッドのみで、手足の長さから首の長さから規格外。でも不思議と気持ち悪いとは思わない。なんだろね、表現が歪んでいても、漂う空気が澄んでいるので怖くないというか。好きか嫌いかということだけでは評価しきれないものがある。欲しいというのとは違うけど、こういうのが好きな人がちょっと羨ましいという感覚。私はもっと俗物なのでここまで到達できん。お友達の中でもここのドール持ってる人一人しかいないんですが、日本のオーナーさんは増えてるのかな?

 ・Doll Zoneのサマーキャンペーン
 で一定額買うともらえるっつー小動物がとてもかわいくて今おうふ!となってますがいかんせん非売品。すぐに諦めた! LUTSのサマーキャンペーンと違い、ここのメーカーさんではあの小動物が手に入るまでまとまって買うものがないので。そして、あのもふもふの部分がない状態を見て多少我にかえった。あのもふ部分ないと好みじゃなかった。もふ大事。

 ・LOONG SOULのケンタウロス
 40体限定!ということですがまだ買える模様。耳と腰の翼と尻尾の造型が素敵〜ぽくない?と言ってしまうのは、よく見せてもらえないからかしら(笑)。造形もっとじっくり見たいよ! カメラさん寄って寄って。

 ・ASLEEP AIDOLONの人魚姫の胸の・・・アレ
 う〜んどうでしょう。気になるのはあの貝ブラって胸と一体なの!?というところでしたが「貝殻下着セット」と書いてあるので取り外し可能らしい。マグネット装着なんだろうか、それしかないよね!? そして言われるまでもなく男子ver.をちゃんと用意してるとこはえらい。欲を言うなら、上半身裸にする必要があるドールの場合、胸のすぐ下に関節がないほうがいいなと思う。そのほうが絶対セクシー。大きさからすると、これはなかなか撮影しやすそう!と思わなくもないが、円安の昨今気軽にほいほい買える値段ではない。あとはな〜もうちょっと造形のクオリティアゲて欲しい。もうひとこえ!

 ・Doll Legendの・・・
 カバ? バク? そしてなぜにバスケット!? 色々と謎すぎるしこれツボな人いるのかしら・・・。キャンペーンでもらえる人形らしいが、もうなにがなんだか。LUTSのヘッドもらえるキャンペーンて素晴らしいね(笑)。


 ものすごく久々にメーカーさんめぐりしてみましたが、思ったよりメーカー減ってない。そして知らないととこもちょこちょこ増えている。そんなに大きいメーカーではないにせよ、きっちり海外対応に切り替えてるメーカーは生き残ってる感じします。って海外ドールメーカーはそういうの切り替えも対応も早いからなぁ。その後のやりとりは難しいものがあるけども。
 ボークスの情報はニュース来なくなってしまってもうなにもわからない状態(笑)。
 なんかフルチョオーダーがなんちゃらかんちゃらでどーたらこーたらがツイッターで話題になっていたようですが詳細解らず。

 とりあえず、テレビドラマ版デスノート、相変わらず業界の大人のやることは適当ですな。でもまぁ、Lが女じゃないだけいいのかも。良かったこと探し。いやそういう問題でもない気もする。劇場版の進撃の巨人にはキスシーンあるぽいし、違うよね!? そういうことじゃないよあの二人は!!と別に大したファンでもないが憤る私。気持ちよく見れるやつおくれよ!!
| 海外ネタ:アジア | 22:44 | - | - | pookmark
バターチキンカレーに出合わないによせて。

インドにいます。仕事ですが。

なにはなくとも、

ジョーアーギャー! 

こんな言葉知ってても取引先で使うチャンスはない。


スマホからだとなぜかTwitterに画像があげられないのでブログから。
昨日連れてって貰った雰囲気重視のイタリアンレストランで撮影しました。
すごいよかった、実に 私向き。
撮影会パーリーしたい。

民俗衣装は買ったから、あとは神様像だけ。
| 明後日の方向 | 04:44 | - | - | pookmark
新宿アンティークフェア2015/5によせて。
 初めて買ったアンティークのティーカップはアンティークフェアで買ったものでした。ここに初めて行ったのは仕事で。同じ並びのお店で一目ぼれしたティーカップを買ったのが2011年。過去のcolumnにもしっかりその当時のことが書いてますが、もう四年経ったのかぁ! あれからもう一客と一個増やしたものの、思ったより増えてない。せめて一年にひとつくらいは気に入ったものを増やしたいものですが、当初思っていたよりもそうそう気に入ったものはみつからないものです。
 と、いいつつ、行けば行ったで他にも欲しいものはみつかるわけなんで収穫はある! ということで買ってきたものとドールを一緒に撮影してみました。
 まずはコレ。

 1800年代後半〜末頃の花嫁のためのアクセサリースタンド。ですが、ドールオーナーとしては「人形座れそう!」という発想で購入しました。つーても小さいものなので幼サイズかそれ以下でないとだめですが、早速ZUZUで撮影してみました。というより、この方のために購入したというのが正解。ミード様(ライオンさんのお名前です)のインテリアはキンキラ派手派手なイメージ。ルーシャン様(もう一匹いるライオンさんのお名前)のインテリアはアジア風にしてます。
 商品の詳細に興味がある方はコチラをどうぞ。購入したのもこちらのお店です。ドールイベントにも出てらっしゃいますよー。
 グローブ・ド・マリエというものらしいですが、本来はガラスドームに入っているものらしい。探せばさらにゴージャスなものもあるようだ・・・コレクションしたい気もしますが、かさばるから一個で十分ですね(笑)。


 座ってみた。上の部分が平らではないので、油断すると転げ落ちます(笑)。まぁでもいい感じ。


 寝てみた。
 幅的にシングルベッドですが、まぁ雰囲気重視で! いつかZUZU並べるためにイベント出たいですが、そのときはディスプレイとして持って行きます!
 

 他にも買いましたよ!
 1940年代フランス、フランソワ一世の紋章「サラマンダーブローチ」1950〜1960年代の天使の薬味入れとアールヌーヴォーデザインのスプーン。こちらはAntique Madame de Parisさんで購入。細部に亘って表現されたアクセサリーをたくさん取り扱ってらっしゃるお店で、どうにかどれか一つに絞りたいがどうだろう!と色々見ていたら、奥から追加されたサラマンダーを見てすぐ決まりました。白鳥やオコジョもかわいかったんですが、自分が買うならドラゴンや蝙蝠がいいと思っていたので。
 あとはsnow flower collectionさんで購入したコサージュ。この方はドールイベントにも出てらっしゃいまして、いつかガーランドが欲しい!と思っていたのですが、今回コサージュを購入するときにちょっとお話したことがきっかけで、こういうの欲しいです〜というカスタマイズをお願いしました。完成したものを見るのが楽しみです〜。

 カップは気に入ったものがみつからなかったものの、ほんとにもうツボをついてくるものはいくらでもあるわけです。ドールオーナーさんは基本的にアンティークやビンテージものには弱いと思いますが、そういうものに惹かれるからドールオーナーなのかもしれないと思ったりも。
 来月もまた違うアンティークイベントに行くので、そこではカップみつかりますように!
| 明後日の方向 | 20:22 | - | - | pookmark
Dolls Party 33の販売物によせて。
◆5/6 Dolls Party33にディーラー参加します。
 ブースNo.SD-131

  設営に時間がかかるため、販売は11時から開始します。
  今回はレジンアイディーラーのLabo.さん合体参加したします。

  elvesgateの販売物は・・・主に、海外製の真鍮パーツ、です。
 パックになっているものもありますが、数が多いものはよりどりで組み合わせで購入できるものも多くあります。
 ※今回掲載する画像は昨年12月に販売したときに使用したときのものと同じです。写っているもので今回も販売するものがありますが、すでに無いものもあるので、あくまでもパーツの傾向がこんな感じ、という参考ということで。



  ・現代のものです。ヴィンテージやアンティークではありません。
  ・海外製:アメリカ・ドイツ・中国
  ・真鍮生地なのでメッキはされていません。
  ・一部合金(メッキ済)のものがあります。
  ・工場廃盤のものもありますので、基本的に在庫あるだけです。

  ※現地加工段階で付着したオイルが微妙に残っている場合があります。においや手触りが気になる場合は中性洗剤でゆすいでから使ってください。
  ※真鍮生地はメッキを施さない限り確実に変色します。
  ※真鍮の色合いはものによってまちまちです。均一ではありません。

  このほかにもまだまだありますが、とりあえず一部のみご紹介します。
  色々持って行くので当日がさがさ宝探ししてください。
  何かご質問がある場合は、当日ブースでなんでも聞いてください。


その他:|舷絅僉璽

ものっすごく粒が小さいもの、それなりに小さいものを集めました。ドールのアクセサリー作るときにいいかなと思いまして。

その他:▲ラスチャーム

一部CZ入ってるものもあります。ドールに使えるように小さいのを集めました。

  その他持って行く予定のもの。
 ・コットンのタッセル
 ・ガラスの香水瓶(以前販売したエジプト製のものとは違うものです)

  まだ詰め詰め作業が残っております・・・ぎりぎりまで詰め詰めします。

 ディスプレイに本気出すと、商品が多く並べられないという現実と戦いつつも、結局でっかい箱を送りましたよああっ。
 モデルさんはお友達にお願いしたし・・・。

 あ、そうだ、会場でちび司を生で見るの忘れないようにしないと。
 先日やっとネットで画像見たんですが、かわいいはかわいいんだけど、ちょっとピンとこなかったんで、生で見たらもっとかわいく感じるのかしら〜というのが気になるところ。
 まぁ、ピンときたからって、今更人外ドールじゃない子はもう買わないと・・・思うけどもっ。

 それではまた明日〜。
 
| ディーラー[elvesgate] | 14:06 | - | - | pookmark
Artism Market 2015によせて。
 ドルショ、ドルパ、アイドールはちょこちょこ行きますが、あと行くイベントといったらコミケ、コミックシティ、スパコミといった薄くて高い本のイベントですが、ここ最近はヴィンテージ・アンティーク小物目当てで蚤の市やらアンティークショウやらに行くようにまりましたが、それでも今まで行ったことがないイベントというのにはそんなに行く方ではないのですが、今日は久々に「行くの初めて!」となったイベントに一般参加してきました〜。
 ”Artism Market”いつだったかもう覚えていませんが、どこかでこのイベントのことは小耳に挟んだことがあったのですが、公式サイトを覗いたときに感じた「敷居の高さ」にちょっと気おくれしてしまいその時には会場には行きませんでしたが、今回はなぜ行こうかと思ったかと言うと、出展者一覧を見ていた「おわー! この方きてるー!!」というのがあったからです。まぁ、イベントに行くって思うときって大概そうですよね(笑)。そして・・・一度会場に踏み込めば、そこだけの買い物で収まらないことは明白なのである・・・ということで、今日はその感想と購入できたものの画像をまとめます!

 猫が目立ってますが、猫は割り込んできただけで無関係です。
 メインはその手前の"Point of No Return"さまで購入した「瓶詰め妖精」、"くだらないもの工房 T-Rush"さまで購入した「卓上セーブポイント」、"Own*P"さまで購入したペンダント二種。


 この瓶詰め妖精さん、もう十年くらいは前のデザフェスで偶然みつけ「おわー! なにこれ絶対買う!」とその場で衝動買いして、その後いろんな友人に見せて回ってる間に瓶を落としたら妖精さんの膝から割れてしまい泣く泣く自分で修理したという思い出深いものなのですが、今回のイベントにクリエイターさんが参加してるのをみつけ、コレクションしたい!と思っていたので、ほいほい向かったというやつですはい。

 葉脈の目立つ薄い羽根と、繊細な髪、余計な肉がついていないほっそりした肢体、とかなんとか、萌えポイントを語れと言われたらもう30くらいは出てきそうですが、とにかくあらゆるポイントが好みです。
 以前購入した妖精さんはブロンドヘアだったので、今回は髪色の違う方に。こまかーく三つ編みがあったりするのです。どうやって編むんだろうか・・・ピンセットかしら。

 ちなみに妖精さんのサイズはこんくらい。

 ちいさかわいい〜! こんなに小さいのに指先がきっちりある。まさに匠の技とセンス。

 手前は「卓上セーブポイント」。下にLED入ってて光ります。クリスタル部分はいろんな色がありますが、買ったばかりの妖精さんと一番色のバランスが良さそうなものを選びました。このサイズはデラックスタイプですが、小さいのも買えばよかった! また次回!

 Artism Market限定版というタイトルがついていて、他のセーブぽんとにはないゼンマイがチャームポイントに。

 蝶の羽根を模したペンダントトップ、こちらは本物の蝶の羽が中に入っているものなので、色の反射が素晴らしく、小さいのに目に飛び込んでくるなんとも魅力溢れる作品。・・・また猫が紛れてますな。

 正直、イベントの傾向からして「蝶」・「ゼンマイ」・「アリス」というモチーフは色んな方が取り扱うテーマではあったので、すぐに購入するのではなく、会場を一周してから舞い戻って購入させていただきました。樹脂やガラスで表現されたモルフォ蝶というのは珍しくないし、本物を閉じ込めたアクセサリーというのも他にもあるものですが、ここの技法が最も蝶の羽根の持ち味と、本来の色味の奥行を損なわない方法でアクセサリーにすることに長けてらっしゃる!と確信し、結局二つ購入。ほんとはあと一個ものすごく欲しかったものがあったのですが、それはまたの機会に・・・。手前のペンダントはチェーンを付け替えてブレスレットにしようかと。こういう青が好きだ〜。

 イベントとしての感想としては、一緒に行ったお友達も最初思っていたようですが「普通の格好してる人が行っても浮かないか」ということでした。オフィシャルサイトを初めてみたときの「突き抜けた感」に多少怯んだのはそこでして、個人的には普段からあまり地味な格好をしているわけではないものの(アジアンテイストという意味で)、それでも黒くも甘くもスチームパンクでもないファッションで会場に行って折角の空気感をぶちこわさないかというのが素人そしては気をつかう部分であったのですが、行って見れば普通の格好でフツーに入場できるイベントでした。出展者さんたちのこだわりは相当なものなので、上から下までまさに「衣装」という感じでしたが、逆にいうと、そういう方があつまるイベントに興味はあるがどこでやってるのか知らないという私には丁度いいイベントかもしれません。場所も都産貿だし(笑)。

 並んでいる商品はまさに「世界観を売る」ということに対してこそこだわりを発揮する才能の持ち主、と言える方々が出展しているだけに、普段自分が参加するドールイベントに比べたらディスプレイの見応えは比較になりません。ドールイベントが最初からあそこまでの勢いだったら、私はディスプレイ拘ろう!とは逆に思わなかったかもしれない。なんてことを考えた。
 ドールイベントに行き始めた頃、いつも思ったのは、商品やお人形はこんなに素敵なのに、なぜただ布を敷いただけのディスプレイの人が多いのだろうか、という疑問があり、自分だったらもっと・・・という気持ちからディーラー始めましたが、今や「商品はともかくディスプレイがしたい」に振り切ってしまいそれはそれで最初の方向性とは違うような気がしますが、しかしやはりなんにしても「見応え」は私にはとても重要なので、今後もそこは投資できるだけしていきたいのであります!
 でもあれですな、普通に週5で働いてたら、ディスプレイもやって商品も用意するなんてことは相当睡眠時間削ってやらないとまず無理な上に、最近違うイベント合わせで文字も書くようになったらもうほんと時間ない(笑)。歳をとっても趣味が減るどころか増えるばっかりなんでもうほんと、体力勝負なのに歳だけはとりますからな! 私来月には40歳ですよこわっ。「セバスチャンの掃除機買うの?」っていろんな人から一斉に訊かれてる場合じゃないだろと思いつつ、特に何か改める気は全くない。ちなみに、掃除機は買いません(笑)。

 〆:アーティズム、次も行く!! 自分でもちょっと出てみたいなと思ったり。人間用のアクセサリーを販売するなら面白い場所だな〜と思いました。
| 明後日の方向 | 21:04 | - | - | pookmark
一年ぶりにオフ会主催いたしますによせて。
 2/22(猫の日!)にオフ会開催いたします。詳細はコチラ
 使用する会場は初めて使う場所ですが、庭付だし自然光たっぷりだしで「カメラの腕がいけてない・・・」と自負する私のような人間にはぴったりでございます! 自然光ないと、お人形ってかわいく撮れないんすよ。なんでって? カメラのバランスの調整ができないからですよ!(笑) というわけで、ひっさびさの主催ですが、よろしくお願いします。
 先にツイッターでも書いたんですが、今回使うスタジオは繁忙期でないときだけ通常のレンタル料金の半額で借りられるんですが、それがやはり寒い時期限定。本当は春うららな時期に使いたい場所ではありますが、そうすっと一人頭の負担額がとんでもないのでまず無理と判断し、まだまだ寒い二月末の開催となりました。まぁ・・・あれだよ・・・興奮してれば冬コミだって人間耐えられるんだから大丈夫さ・・・という感覚なので特に問題ないと思いますが、あとは天気だな! 晴れますように!
 二階建てを全体貸切ですから、かなりまったり過ごせると思います。撮影小物が充実してるタイプのスタジオではないですが、広さがとにかく魅力なので、長時間借りて参加者20人くらいなら、ばらけて撮影すれば存分に多様な画像が撮れると思います。
 
 開催するタイミングが段々とりづらい状況になってきてまして、開催頻度が落ちてきてしまい自分でももうちょっと遊びたい!と思いつつ、昨年は月一で海外出張が入ることが多くてまいりました。行けば楽しいんですけどね〜行く前は行く前で準備、帰ったら帰ったで仕事溜まってて時間取れずでまーめまぐるしい一年でした。今年は昨年よりは落ち着きそうなので、もうちょっとドールにも関わりたいと思っています。とりあえず、五月のドルパは申込みしましたが、なにがどうなるかはまだわかりません。

 オフ会の会場は引き続き色々見て回ってるんですが、今年はまたやるとしても新しい場所を使っていきたいな〜と思っております。撮影スタジオはいくつかいい感じのとこをみつけてますが、やはりゆっくり良い雰囲気の中でお茶できるような場所もみつけたいんですよね〜。以前やってたアフタヌーンティーオフができるような、そんな場所を探したいです。

 そういや、ここ最近やってるフライパンのCMに久喜のスタジオ出てきてたなぁ〜。お友達からもちょくちょく報告をもらいますが、前に行ったスタジオがドラマに出てた、とかCMに出てた、とか聞くと「もっといろんなところで思い出作りしよう!」と思ったり。相棒に関しては、昔使ったスタジオが二軒も登場しとったなぁ。久喜も出てましたけどね。
 
 あ、思い出した! そうそう、この前のドルパでその直前に買った骨董市で買ったものをディスプレイしたんですが、とくにガラスケースは好評で「こういうの好き」とちょいちょい感想いただきました。うんうん、そうそう、そういうの、お人形好きならほんと好きだと思います。私も昔から古いものが好きですが、その中に並べるお人形は古いものではなく、現代のものじゃないとそこは違うと思うのは、やはりマンガとかアニメとかに惹かれる人間の特長なのかなと思ったり。ホンモノすぎるホンモノよりも、そのテイストを持ったもうちょっとアレンジされたもののほうが気楽で良いからでしょうかね〜。ま、観賞用じゃなくて遊ぶ用なんだから、その感覚で丁度いいのかも。SDが好きってことはそういうことなんだとなんとなく思ってます。
 ディーラー参加してるとき、ディスプレイを見てくれる通りすがりの方々から「世界観が好き」って言っていただけるときが一番うれしい。世界観て、持ってる人しか持ってないですからね。お金も地位も美貌も持ってる人しか持ってないのと同じですが、世界観もそうなんで、私も世界観がある人が好きです。世界観ある人がお人形にはまると、表現力とこだわりのすごさに度肝抜かれますが、そういうのって見てるだけで幸せになりますよね〜。そういう人がどんどん増えてくださると、私も良いお洋服やなんやかやがたくさん手に入るさ〜(そこ)。
 ちなみに、「これどうやって運んだのかね」、と「片付けると思うとぞっとする」も毎回言われますが、今回もありました(笑)。私も毎回ぞっとします。一週間くらい置いときたいです。気持ちは。
 次回もディスプレイ頑張ります。SOOM祭りもまたやりたいです〜。綺麗なキメラ兄さん姉さんをゴー★ジャスに並べるのが最高に幸せです。うす。
| オフ会 | 23:49 | - | - | pookmark
Dolls Party 32の販売物によせて。
◆12/14 Dolls Party32にディーラー参加します。

 設営に時間がかかるため、販売は11時から開始します。
 今回はレジンアイディーラーのLabo.さん、マスケラディーラーのEderaさん、お洋服ディーラーのpeta-petaさんと合体参加したします。あと、うちのスペースでAngel Palaceさんのお洋服を委託販売いたします。

 elvesgateの販売物は・・・主に、海外製の真鍮パーツ、です。


 ・現代のものです。ヴィンテージやアンティークではありません。
 ・海外製:アメリカ・ドイツ・中国
 ・真鍮生地なのでメッキはされていません。
 ・一部合金(メッキ済)のものがあります。
 ・工場廃盤のものもありますので、基本的に在庫あるだけです。

 ※現地加工段階で付着したオイルが微妙に残っている場合があります。においや手触りが気になる場合は中性洗剤でゆすいでから使ってください。
 ※真鍮生地はメッキを施さない限り確実に変色します。
 ※真鍮の色合いはものによってまちまちです。均一ではありません。

 このほかにもまだまだありますが、とりあえず一部のみご紹介します。
 色々持って行くので当日がさがさ宝探ししてください。
 何かご質問がある場合は、当日ブースでなんでも聞いてください。


その他:|舷絅僉璽

 ものっすごく粒が小さいもの、それなりに小さいものを集めました。ドールのアクセサリー作るときにいいかなと思いまして。

その他:▲ラスチャーム

 一部CZ入ってるものもあります。ドールに使えるように小さいのを集めました。

 その他持って行く予定のもの。
 ・コットンのタッセル
 ・ガラスの香水瓶(以前販売したエジプト製のものとは違うものです)

 まだ詰め詰め作業が残っております・・・ぎりぎりまで詰め詰めします。
 
 
 ウォーキングデッド、続き見れるのが次は二月だなんて!! なんて!! と今からそわそわしております。早く早く〜。はいいとして、それでは皆様ドルパで
| ディーラー[elvesgate] | 00:16 | - | - | pookmark
SOOMさん主催のオフ会に参加してきましたよせて。
■ドルパ32にディーラー参加します。
■gallery更新しました。スマイル衣装のシエル撮影しました。

 今年はほぼ毎月海外出張に行っていたり薄い本を書いていたりしたせいで自分主催のオフ会は開催が難しく、やりたいやりたいと思ってはいたのですが気づけばもう年末。このまま終わるのか!と思っていたら、SOOMさんがアイドールに参加するためその前日にオフ会開催しますということで! いそいそ参加してきました。いそいそ。画像もちょいちょい撮りましたが、今回はとりあえずレポ的なものをば。
 今回いらっしゃったSOOMのスタッフさんは三人。元原宿店の店長さんと、現Rosetteの衣装&コンセプトデザイナーさん、現Super Gem&Idealianのディレクターさんの女子三人組。といっても、私はSOOMのスタッフさんで男性に会ったことがあるのは社長さん本人だけだな。男性スタッフさん、本社に行けばいっぱいいそうですがどうなのかしら〜。オーナーさんの参加者は12人。基本的に撮影会なのですが、後半Q&Aコーナーも設けてくださるということで、なかなかに濃い内容でございました。
 スタッフさんのうち二人は日本語ぺらぺらなのですが、今回初めてお会いするお姉さんは英語なら大丈夫ということで、個人的にQ&Aを待たずに、

”妖精さんシリーズ、ボディが細めのお兄さんも出してください! お願いします!”

と早くも懇願(わかりやすい)。
 あのシリーズが出た瞬間、もちろん男女共好みのタイプは揃えるつもりで意気込んでいたのに、まさかのマッチョボディでのデビューに、筋肉恐怖症の私のテンションはダダ下がったわけですが・・・わけでしたので・・・そうでなくなったらいいなと再三のお願いなわけで。お姉さんに聞いてみたところ、意外なことがわかったのですが、なんと欧米のお客さんからも細いボディが欲しいと言われることが多いそうです。マジで!? みんな「300」みたいな肉体が好きなんだと思ってましたがそうでもないのか(笑)。SOOMさんの商品企画の流れの特徴として、スタッフさんから提案→社長による最終確認→筋肉特盛に路線変更、というのが基本だというのはむかーしからそうなので、ある程度予想はしていましたが・・・ピクシー的妖精さんまで特盛ボディとは思わず私号泣という展開。いつか、いつか細くなる日を夢見て!というのが、少なくとも一部の日本人だけによる望みだけでないならまだ希望が! あるやも!?
 肝心のQ&Aになってからは、例えばMDが登場するときに、男女選択はできるものの、基本的に男女それぞれでパーツやら衣装やらが固定なので、そのあたりもうちょっと自由にカスタムして注文できるといいな、とか、肌色の選択肢の幅を増やして欲しい、とか、皆さん過去に自分がオーダーしたときに感じた不自由さをもう少し改善されるといいなと個々に提案していました。確かにね。作る方は細かいオーダーになればなるほど管理が難しいというのがあるので、すぐに全面的に対応というのは無理でも、それだけ望んでいる人が多いと知ってもらえればなんとか! なるやも!?
 私としては、「Rosetteの男子ver.出ます」のお言葉に対し、これだけは言わなくてはなるまい、と、もちろん、

「筋肉いらないから! 細くして、お願いします!」
 
 と。
 女子だって胸のサイズが選べるんだから、男子も選ばせてくださいましよ!! 細くないと! 細いのがいい!! ほそほそほそほそ!

 ま、それはいいとして、オフ会の最後には抽選会が催され、メインはカエルさんプレゼントという豪華さ。ちょっと気になっていたけど、見ると欲しくなるから良く見ないようにしていた、とおっしゃっていた人に当たったんでとにかく良かった(笑)。きっと近い将来仲間が増えているに違いない。特殊なサイズは単体のままだとなんとなくね。増えますよね。うんうん。
 他にはSOOMのシリコンアイ、あとは外れた人にもポイントプレゼント、という流れでした。私は・・・安定のポイント組。

 それなりに小物が多いスタジオでしたが、ちょっとした小道具を自分でも持って行ったものの、ほとんど使わず仕舞い。それだけおしゃべりしてたっつーのもある。楽しい会でした! 私にはある意味リハビリというか、ね。SOOMのオフ会、自分でも何回かやりましたが、持ってる人はかなりいるはずなのに、呼びかけてもそんなに人数集まらないのはなんでなのかしら〜。不思議不思議。いつかこう、30人くらいSOOMオーナー大集合!みたいなのもやってみたいのです。ファンタジーにまみれたいのです。

 翌日はアイドールつーことで、スタッフさんとはオフ会終了後そこでお別れして、話し足りなかった他のオーナーさんとお食事へ。自分のオフ会以外での新たな出会いってもうあんまりないので久々に新鮮な体験をしました。まだドールを持っていないという方もいる中、色々なジャンルの人形の話ができて楽しかったです。自分がもうおわー!!というテンションでドールに、向き合ってないことのほうが多くなっている中で、お迎えしまくってる方の話聞くのは楽しいものです。うふ。
 そういえば、その日初めて知ったことですが、アイドールでも展示されてたSOOMの人魚さん、あれの下半身ブルーの方がFree!のファンの方の間でちょっとした話題になっていた、という話。・・・なるほど、ウィッグ黒にしてカスタムすればあの人になるわけか!? ちょっと上半身幼い気がしますが、そもそもあの人魚さんが女子としてデビューしとったので(衣装がブラ仕様)、けっこうテコ入れ作業しないとそのものに近づけるのは難しい上に、Free!界隈はキャストドールに詳しい人もそう多くないというところで何をどうしたらよいやらわからずそのまま・・・みたいな人がほとんどのようでしたが〜。ま、別に黒執事ジャンルもそんなに詳しい人が多いわけじゃないしな。そこは直結しないよね。私の周りがドール好きでオタク、という人ばかりだから、もう逆の展開がわからんというか(笑)。
 私も同人イベントのときに坊ちゃん並べたりしますが、そのときにやはり質問されますからね。先日ドルクでチラ見せされたシエルの画像が出回った後のときは質問がいつもより多かったですし。あれ、その後の情報ないですねぇ。個人的にはシエル単品で紹介されても意味ないんす。ないんす。ないんでセットで紹介して!! 販売時期はずれてもいいからぁ!

 話がだいぶ逸れましたが。私は元気です。
 ドルパも出ます! 販売物は・・・アクセサリーじゃなくて、海外製の真鍮パーツを販売しようかと思っています。雑貨屋さんですね。初めて販売するんでどうだろな〜と思いつつ、ちょっとやってみたいのでそちらはそちらで頑張ります。
| ドール考察 | 21:56 | - | - | pookmark
シミーズはいま何処によせて。
 ドールとなんら関係のないっぽいタイトルですがいずれなんとなく意味が通じますのでもう少々お待ちくださいご無沙汰してますRangです。
 
 少し前の話になりますが、「○○沼」という言い方が好きじゃない、という話題を見まして、個人的には好きでも嫌いでもなかったので、あえて「嫌い」「苦手」と思う方の意見を色々見ると、ようするに「沼」という言い回しはネガティブなイメージなので使って欲しくないということだと私は理解したわけですが、このあたりは基本的に全て主観的な話なので、「なんとなくいや」の域を出ませんからそれをネタにするのもどうかなと思いつつそういうところを真剣に語ってこそのねちっこい暇つぶしが大好きなのでそういうの好きな方お手伝いください、ああ、猫が邪魔をしますが続けますもふもふ。

 私がアメリカに旅立った頃、つまり高校二年生の頃はまだ「BL」という言葉がありませんでしたが、9年後で日本に戻ったときにはかつて使っていた「やおい」という言葉は疾うに廃れて久しく、私はぎこちなさを感じつつ、新しい言葉を使うことを余儀なくされました。最初どんなに「BL」って言うの照れくさかったことか!! ま、それはそれとして、やおいのそのまた前は「少年愛」だと思いますが、この言葉に関しては、未だに「少年愛」と「BL」は別物、というこだわりをなんとなく持っています。やおいは、単に廃れただけって感じですが。
 何が言いたいかっていうと、言葉は時代と共に変化するものなので、そこに定義を持っていても周りがその定義を知らなければ通用しないものなので、逆に定義が変化してしまえば、自分の主張そのものが通らない可能性が高い。ここで踏ん張るか、まいっかとなるかで流れが変わりますが、そこまでこだわらずとも、いずれ勝手に動き始めた空気に混じってしまい何がなんだかどうでもよくなることが多いと思うわけです。
 実際に、例えばどこぞで「沼」という地名だった場所は、次代の流れで「沼」部分を削られていきますが、これはその土地がそもそも沼地だったということが現代に伝わると地価が下がる要因になるので改名されて「○○丘」みたいななんとなくポジティブな地名になってたりするので、沼がネガティブだというのは現実的に言えばそうかもしれません。ただし、現実に存在する「底なし沼」を、比喩として使う場合、それがネガティブかポジティブかは使う側の意識の問題かと。

 「沼」を文字通り「底なし沼」と考えるなら、「底なしにはまる」→「底なしに楽しめる」→「奥が深い」→「お金がない」→「ああ楽しい」まで行ければ「沼」かどうかはもう関係なくなる。

 これは沼をポジティブに捉えた例。
 では私が「沼」を常用するかと言うと、それはNOです。なぜか。いや・・・だからね・・・自分の中に言葉が染み付くのってそんなに簡単じゃないんですよ(笑)。私にとって何かをコレクションすることは「沼」という感覚ではないし、それはまだ「はまる」という表現のほうがしっくりくるのでまだ使えません。
 ネットで「○○クラスタ」という言葉が定着してきた頃、私はこの言葉をよく知らなくて、だからこそ「黒執事クラスタでしょ」と言われると「黒執事ファンです」と言いたくなりました。だもんで未だに使えません。ちなみに「ふぁぼる」の意味を未だに知りません。新しい言葉にそう簡単に興味を持てなくてそして馴染めなくなった・・・歳のせいかしらやーねもう。

 少し気になったことがあるとすれば、それはいくつかの意見の中に、「ドール沼=湯水のように金を使う」という認識を持っている方が少なくないようだったので、そこだけは、散財することが良くないこと、という発想は気概がなさすぎる気がして私は好きじゃないなと思った次第。なぜならば、人形趣味はお金がかかるものだからです。私も最初はショーウィンドウに飾られたトランペットをみつめる少年のような気持ちでドールを見ていた時期がありました。

「欲しい・・・でも自分には過ぎた品だ。買えるわけがない」

 と諦めたあの数年間。
 しかし、一旦買ってしまったら、あんなに憧れていたひとつのトランペットだけでは満足ができなくなり、より理想に近いものがないかと多くのものを買い集めることになりました。これがドールだから、あくまでも趣味だから、ということでネガティブに感じられるのなら、その人はきっと誰かに、何かに罪悪感を感じながら趣味を続けている人間に違いありません。音楽家ならわかること、レーサーなら? より良いマシンを手に入れるのにお金を湯水のように使うのを躊躇うでしょうか。お金がかかるものに手を出すということは、もちろんお金をかけなくてはいけないのです。それがネガティブだというのなら、ストラディバリウスの立場ないよね。私のヴァイオリンだって数十万したんすよ! へっぽこでも良い楽器で弾きたいよ(笑)。

 その散財で支えることができる業界がある。物に対してお金を使わなくなったら良い作品は生まれない。我々はもっと散財するプライドを持っていいと思う。我々は投資家なのだ! そうなのだ! これでいいのだ、ただし、お金をかけたからといって、それが絶対ではない。ハリウッド映画見たらわかるでしょ(笑)。シェンムーの悲劇もある。FFの映画もそうだ・・・。が、金をかけるか時間をかけるのか愛情をかけるのかに甲乙もない。アプローチの違いだけでしょ。本人が選べばいいこと。

 「金で買えないものがある」

 というのはよくドラマや映画で聴く台詞。金で買えないものを尊いと思う考えは、一見崇高ではあるが、盲目的だと思う。俗物の私は金で買える範囲のものこそ人生には必要だ。

 少なくとも、誰かの血と汗と涙を吸った作品を前に、

「なんでこんなに高いの?」

 という無神経な台詞を吐かなくて良い程度には私は自分が理想とする人間でいられているので十分に幸せだ。

 沼だろうがなんだろうが、表現はどうだっていい。
 
 私には好きなものがある、それは金で買えるが、けして安いものではない。
 そして、残念なことに私の給料はそれを余裕こいて買いまくれるほどの額ではない。
 が、それでも一定の投資をすればそこから「底なし」に楽しめてしまうのは、それが高いものだからではない。
 安かろうが高かろうが、趣味を昇華させるのは絶対に「才能」なので、そこだけは金では買えないよね。
 
 ちょっと考えた。
 「沼」が嫌な人は、自分の好きなものに「沼」を使われることが嫌なようですが、例えば自分がマニアックな趣味に走ってる場合、「オタク」と呼ばれることも嫌なのだろうか。ここって、やはりこだわりがどこにあるかだと思うんですけど、「ニートじゃない、自宅警備員だ!」ってのとなんか違いますかね。オバサンなのに「オネエサンでしょ!」という主張と同じく、いやそこはさ・・・決めるの自分なの? 他人なの? ってのは、個々の意識によるってことで。そして、その個々の意識はコントロールできないし、してはいけない。コントロールしたいならいいんですけどね、それ、やったら大変ですよ、出来る人なら悩まずにやってるはず(笑)。

 そんな中・・・今月すごーく欲しいお人形がいたのですが、諦めたのです。先日死んだ猫の代わりに、新たに子猫を二匹育てることにしたので、お金の使い道が変わっただけですが、好きなものが多いってのは、いずれにせよお金かかりますな! 幸せだ! お人形にはまた巡り会うチャンスあるけど、生き物に代わりはいないので優先順位優先順位。

 あ、そうそう、タイトルの話ですが。シミーズって今なんていうの? スリップも死語でしょ? キャミソールは短いでしょ? という話を一回り下の後輩と話てなんですが・・・答え出なかったんです(笑)。
 だから・・・言葉の衰退とともに、文化も衰退するものがあるので、「沼」も来年あたりはもう違う名前になってるよそんなもんだよあんまり深い意味ないですよきっと(笑)。
| ドール考察 | 23:48 | - | - | pookmark
空を行く夏の風はともかく、眩い陽光はダメ、絶対によせて。
ボークスニュース来ました。
ということでまずは、「今日のタイトルは5ページのメッセージへのツッコミ」から。気になるとこの感想をちゃちゃっと。今回あまり感想ないかも。まぁいってみましょーか。

・「血迷ったかDD担当!!」
 21ページに、ボークスにしては珍しくノリツッコミ的な流れが。いやいや、いやいやいやいや、ちょっとちょっと、前にもそんなことやってたよ!? というかあれは逆か。ドルパスタッフの衣装をドール用にしてた会社が今更なにを・・・。血迷ってるのはデフォではなかったのか。そんなことを気にしてるようではボークスにはついていけんよ。ついていけないけど。ついていけてたことないけど。

・「ボークスカワイイ」
 ・・・もやっ。
 自分たちでCOOL JAPANとか銘打ってイベントしちゃうお役所の仕事的なものを感じる。カワイイを推してるとこもまたそんな感じ。

・メイとミナ
 ロリータ服だけど「天使の里からの使者」なのか。原宿チームではないのね? コラボではないから、ということだけでもなさそうですが、なんとなく全体的にチープな印象。私がクラシックなロリータさんが好きなのもあるが、ウィッグの色のリアリティのなさがこの場合あまりかわいいと感じられない。が、ヘッドは実はかなり好きな顔。かっわいいなこの子たち! て、あの・・・今更ですが・・・この二人同じ顔ですよね? え、違う? 違うの? さっぱりわかりません。ワンオフで欲しい顔かもしれない。あ、なんとなく思いつきで言うけど、この衣装で男の娘だったらよかったのにおもしろかったのに。脱いだらけっこうムッキーなSDC男子ボディだったらとてもおもしろかったのに。ということで私ならあの顔で男子にしたいです。YES!

・アリサ
 DDは武器ついてていいな! しかもかなりリアルでかっこい・・・ああいうのSDにも欲しいと言い続けて幾星霜。ボークスはそのあたり採用されないよねぇ〜。

・菊地真
 「カッコよさ抜群!!」もう、ここで抜群で使ってる段階でカッコよくはないし、衣装がヤッターマンみたいになってますがこれはカッコいいという評価の服なのかアタイわかんない(笑)。なんだか首が長すぎるように見えるということは、ヘッドが小さいのだろうか。

・仔鹿の着ぐるみ
 かわいー!! これはかわいいですね!! 冬に出てればもっとよかったね!(笑) 靴履いてないとこが学芸会みたい。もこもこしてて実にかわいいです。幼にかわいさを求めてない私が買うことはないですけど。とてもいい。あれにリアルな角生えてたらさらにいい。

・カフェスタイルセット
 50ページの二人、あえて顔が濃いぃ二人を並べたかったんだろうか。片方はもうちょっと薄味でかわい目な人でもよかったのでは・・・と個人的な好みを述べてみる。カフェっていうよりホストな顔に見えてしまう。しかし近藤さん、ヘッドかなりごついですね。いかついですね。顎すごいですね。

・スク水セット
 バスタオルのデザインがメニアック!(笑)

・ドリームレスキュー
 ほうほう、ふむふむ、でもまぁ、そもそも色移りしないように開発してくだされば楽なんすけどね、とDD持ってない私が言うのもなんですが、除去は何回もしても大丈夫なんでしょうか。どうなんでしょうか。DD買う予定ないんですけどね。

・ドールカルチャー展
 ボークス主催かと思いきや、そうではないらしい。ライトユーザーの確保には貢献するんではないかと思うイベントですな。ようするにどういう展覧会なのかなんの説明もないのが微妙ですが、ファッションドールというカテゴリっぽいので、だったらもっと多くの種類を展示したほうが偏りがなくていいような気がする。もうちょっと詳細が発表されたら観に行くかどうか考えよう。なんとなく行かない気もする。なぜならば、SD以外のラインナップに興味のあるドールが入っていないから。入場料¥1500払う価値あるのかが謎すぎる。


 今回も特に欲しい物なーし。と思ったけど、メイとミナかわいいっす。昔の勢いなら買ってただろうなぁ〜。しかし今年はもうドールを買う余裕は・・・なさそうだよおやっさん!
| ドール考察 | 23:56 | - | - | pookmark