+TORD BOONTJE
+TWITTER
+R ARCHIVES
枢やな画集 黒執事2
枢やな画集 黒執事2 (JUGEMレビュー »)
枢 やな
なにこれ見たことないんですけど!?という一枚は良く見たら描き下ろしって書いてあった。そうでございますか・・・ありがたやありがたやと思わず手を合わせてしまう一冊。一冊目より最近の絵が多いので期待してましたが期待以上だったそしてアニメイト特典がまたすごかったありがたやありがたや。
今年はまたミュージカルあるしね! 誌上先行当たったことないけど当たりますように!
+OTHERS


みんなのブログポータル JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< I Doll 40に参加しますによせて。 | main | ボークスニュースVol.58によせて。 >>
LUTS、今期最強の刺客MDF!!という少年漫画的ノリですこんばんわによせて。
 ちょっと時間空いちゃいましたが、前回のアイドール、LUTSさんのブースでディスプレイ担当で参加しました。アイドールには自分がディーラーとして参加しない分、できるだけ海外メーカーさんのお手伝いをしようと思っていますが、ここ最近はお手伝いというよりは仕事として受けているのもあるので、気合入れんと!とファンタジー全開でやらせていただきましたが、今日のお話は実はこっち↓がメインではなく、


こっち↓がメインです。

 このとき、チラ見せで展示されていた40儺蕕凌刑遒里兄さん達。このときはまだ名称すら正式発表ではなかったわけですが、そのお兄さん達もいよいよ3/25から販売開始!ということで、その前にレポ書かなきゃ!ということで遅ればせながらまとめさせていただきます。


 えーっとね、私はね〜右から二番目★ BORYに似てるから〜というのが理由ですが、聞いたら同じ造形師さんだった。さもありなん。
 しかしこのお兄さんたち、ふと目にとめたお客さん達がそのあと必ずガン見していくという光景が絶えず、このサイズのこういうお兄さん達って引きあるんだな〜とものすごく実感しました。40儺蕕箸い┐弌⇔磴┐丱棔璽スならMSDかSDCがメジャーなわけですが、「お兄さん」という括りになるような体型でも顔立ちでもないため、身長が同じようなもんでもジャンルやニーズが被らない。そうなるとユノア&ユノ兄組が最もユーザーが多いのではないかと思いますが、個人的な話をさせてもらうと、ユノアは料理に入っているミントやパクチーみたいなもので、特別な魅力があるのは十二分に理解できるものの、私の主食には合わないし食べつけない・・・というお人形です。顔立ちが個性的すぎて自分のものにはならない気がするお人形なのです。自分のものでないなら見るのは好きなんで、顔が苦手とかいうのとは違うんだなこれが。もっと言うとあれはファッション感覚がシャレオツな人が持ってこそ活かされるお人形ですわ!という微妙な思い込みが無条件に購買意欲を削ぐわけですが、しかしそれはあのサイズと等身に魅力を感じないからか?という根本的な問いに対し、今回のLUTSさんの新作を見た私は「そうではなかった」と実感した次第。や、やべぇ・・・やべぇぜ・・・でででもこのお兄さん達はあれだよ! 耳も尖ってないし、翼も生えてないしそれにそれに・・・ボディがマッチョだから私向きではない、ははは回避、回避ー!と思ってLUTSのスタッフさんと話してたら「細いのも出しますよ」。マジでー! いやでででも耳も尖ってないし翼も生えてないしと言ってたら「吸血鬼設定の出ますよ」。うごふ。そっちにもってかれたらもうだめだ終わった・・・いやでも天使じゃないし(苦)。

 はい、画像の続きね!


 左端のお兄さん、顔がかわいいのに腕がぱっつんぱっつんでこれは細いほうがいいよ!絶対!とひたすら「細く細く」しか言わない私。

 この赤マントのお兄さんは何設定なのかしら、グラディエーター? しかしマッチョだ・・・。

 とくに脚!! 300を思い出す。

 顔立ちが非常に美しいこのお兄さん。衣装やらウィッグやらメイクの印象やらが友人のドツボをついていて思わず「お迎えおめでとう」と言った逸品。


 好みの子をアップで。かわいーんだけど、このときはパンツの内側から筋肉がもりもりになっていて「細くないから大丈夫」とひたすら筋肉に恐れ慄いていた私。

 このときはボディは一種類しかなく、顔立ちの個性に関わらずみんな同じ体型。それが販売時どうなったかっていうと、こうです! もちろん私は・・・真ん中希望!(笑)
 イベント当日、展示されていたお人形の中で最も問い合わせが多かったのがこのお兄さん達だったという結果が、これは売れるっしょ、と確信した理由ですが、今回用意されたお人形が来ていた衣装がカジュアル目だったもんで、私としては「軍服っぽいのかファンタジー系だったら欲しい」と個人的な理想をちょいちょい申し上げてみた次第。はは。あと、ボディは細くね! 細くお願いしますっと連呼。

 お兄さん達のお披露目初日は無事終了、その後、LUTSのスタッフさんと打ち上げに行った際、「ぜひ今回の新作のお人形のモニターになってください」と社長自らおっしゃってくださって、今もうここで持って帰ってくださいと言われたものの、そんな機会なのに、ボディがあまりにも私向きではなかったし、可動性とか・・・そういうことに実はあまり興味がない私は確実にモニターに向かないし結局言うことは「細く・・・」しかないとわかっていたので、一日一緒にお手伝いをお願いした友人にモニターをおまかせしてしまった次第。
 真面目で研究熱心な友人はその後、けっこうな勢いでモニターとして綿密な感想文をまとめてLUTSさんに提出していました。それを読んで・・・私にはここまでできんかった、よかった、と安心しました。私が思いついた感想、細く、とハンドパーツにもっと表情が欲しい、くらいでしたもん。


 はい、で、こっからは私が撮影した画像ではなく、モニターとしてお人形を持って帰ったそのお友達が撮影したものです。ボークスのヘッドと合わせたりしてるんでぜひご覧ください。※画像とコメントはTwitterに掲載されたものを転載しました。

***************************************
・Lutsさんから許可頂いたのでSDMidi稔ヘッド+Luts MDF ボディの写真投下します。背景はしつらえてる時間無くて仕事場ですすいませぬ。


・SDMidi稔ヘッド+Luts MDF ボディその2


・MSDシュルツヘッド(削り盛りし過ぎて造形謎の人)+Luts MDF ボディ


・MDFアバドンにSDMidi稔のデフォ服着せた図。前は上着もズボンも全然閉まりません。靴は履けます


・真ん中黒服がMDFアバドン。向かって左の1/4サイズはシュルツ(削り盛り謎の人)+SDCボディ、アバドンの右がSDMidi稔。顔の大きさは全然違うので並べる人は注意。


・3月アイドールで展示されてたMDF ABADON本体です。この時点ではアイは12mmが入っていました。販売版は10mm。ついでに、今までずらっと上げたのは、開発中の試作ボディなので、販売版とはあちこち細部が異なります。

・しばらく私の方であれこれ触らせて頂いて、気がついたことをLutsさんにお伝えし、また、Lutsさんの方でもまだまだ開発段階だったこともあって、私の手元に今あるボディと販売版はまた別の物になっています。
 お友達の間で、MSDやMidiのヘッドをMDFに乗せたらどーなるんだろうというお話がありましたので、私の方で乗っけた写真を撮らせて頂きました。本 来はブログできちんと情報をまとめてお伝え出来たらいいのですが、今時間があまり取れませんので、申し訳ないですが写真垂れ流しです。
 それから、前に上げた写真の通り、MDFはかなり小顔です。そのくせMSD連中より手足が長く胴体もがっしりなので、お洋服の互換は殆ど効かないです。 SDC用ならもしかしたら多少いけるのではと思いますが、海外子のお洋服で探した方が早いかも。またはLuts公式さんに期待します。
 それからSDC、MSD、SDMidi等他社の1/4系ヘッドを乗せる方は、ヘッドによってはMDFのSカンをヘッドに合った大きい物に取り替える必要があります。ご参考までに。(追記) ×シュルツはSカンの変更必須。 ○Midi稔はそのまま乗っかりOK。忘れてた。MDFボディ、可動がカチカチ決まる系。凄く遊びやすいです。

*************************************
 
 とにかく時間がないっということでしたが、画像を一覧でまとめたくて、とりあえず私のブログにまとめていっすかとお願いして掲載させていただきました。
 確かに、彼女のレポ提出後手首パーツの球体部分がかなり目立たないデザインに変更されていました。きっちり参考にしていただけたようで嬉しいです〜あのほうが絶対かわいいです。かわいいっていうか、あれだよ、セクシーなお兄さんならけだるい画像撮りたいと誰しもが思うだろうに、そこにフィギュア的な関節が目立ってしまうとちょっと気になると思ったんですよね。あのお兄さん達の企画自体が「1/6ドールとBJDの良いとこどり」だったらしいので、あえて目立つように作ったんじゃないかと思いました。DDとか、もっと関節が滑らかになりそうなのにそうなってないのとか、あれは可動領域を優先させてるから?かと思うので、きっとそう。でも、40儺蕕BJDファンが買う→主に女子が買う→そこまでリアル感不要というのが私の感想。

 ボディに関してのモニターとしては私はあまりにも不向きではありますが、その他の傾向と対策として、主に個人的にある種の方々には確実に響くであろうイメージ戦略とかそういう話はたくさんさせていただきました。このお兄さんたちはね、一人買ったらね、相方を揃えたくなるに決まっているからです!(笑) が、しかし、それが本当に実現してしまったら、私も買っちゃうじゃんやばくね!?ということに今気づきましたばか。細いボディが出ちゃったからなぁ・・・細いのはいいよ・・・そしてCIANめっちゃ好みえぇ〜どうしようぎゃーす。もうちょっと様子見する。今買うとしたら、お友達に泣きぼくろつけてもらって名前をヴィンセントにするしかないけど私そこまでパパのファンじゃないしそこだけ用意するのもなんなのとつっこんでおく。キャラドール以外で人間ドール買わないって決めたんだよほんとだよ。
 エルフが出たらボタン押す。

 はい、まぁあれだ・・・どうですかお客さん!(笑)
 ユーザーが増えれば、衣装や靴の展開も動くと思うので、ぜひメジャーになって欲しいサイズ。これがウケれば、他のメーカーも参入してくると思う! そうなれば選択肢はもっと拡がる。

 そういえば、アイドールでLUTSのブースに居た私を見た顔見知りの方々の何人かに「LUTSに就職したんですか」と聞かれましたが、してませんから! 今回LUTSのスタッフさんは二人来日したわけですが、なんと社長とその奥様という組み合わせ。奥様は日本語がしゃべれないのですが、社長は日本に留学経験もあるので日本語ペラペラ。でも知り合いなのは奥様の方、社長さんと会うのは今回が初めてでした。奥さんと知り合ったのはいつからだっけか・・・うーん、かれこれ4年? くらい? いつからかもう覚えてない。彼女が他のドールメーカーのスタッフさんだったときからちょいちょいお会いしてます。彼女が撮影し画像処理したお人形は、その魅力をいかんなく発揮する、そんな才能の持ち主。どこから撮影したらよく見えるかがよくわかってらっしゃる方です。ドールの物語、設定などもしているので、そのあたりのツボがかなり被る。今後もお二人で素敵なお人形を企画していただきたいです!

 さて、この先は興味のある方だけ。
 LUTSの社長さんと話して知ったことですが、一部のドールオーナーがLUTSを反日メーカーではないかと話していることについてです。
 私は全く知らなかったのですが、某所でまことしやかに言われていたことらしく、そのことを知った社長さんはひどくショックを受けたと言っていました。彼は学生時代日本に留学し、そのきっかけも日本の文化、特に日本の玩具がとても好きでかなりのコレクター。この前来日したときもミニカーやらをたくさん買って帰ってました。アイドールでも会場内を見て回って、すごいのを作ってる人がいる、この人は知っている人ですか?等質問されてましたし。
 そういう流れで今の会社を経営するにあたっても、いち早く日本語対応のサイトを作ってきたことを私はよく知っていますし、そういう内情を知らなかったとしても「反日」を意識したことなど全くなかったので、そもそも一体何が原因でそんな話になったのか聞いたところ、どうやらLUTSの社名表記がKOREAではなく、COREAになっていることが理由だったらしい。・・・そ、そんだけ? と思いましたが、まぁ了見の狭い人にしてみれば十分な理由だったのかも? 韓国のアルファベット問題に関してはコチラで。
 私が持っているLUTSの箱には全てCOREAの記載がされています。最初、アルファベット問題のことなど知らなかった私にしてみれば「韓国の人にしたらCOREAが自然なんだろうか、JAPANとNIPPONの違いみたいなこだわりなのかな?」と思ったくらいで気になりませんでしたが、まさかそれが反日の根拠として語られるとはねぇ。
 こっから、勉強不足の私に代わって、お友達がまとめたものを記載しますが、ようするにこういうことです。

「Corea」表記してたのは、社長さんが元々李氏朝鮮に倒された高麗(Coreaの語源)の出身だからで、「LUTS」というのは高麗の屋号なんですって。なので、一部で反日メーカー扱いされてるのを後から知って、しょんぼりしていらっしゃいました。

 反日の人が「日本人が好きだと思うお人形を作りたいので、ぜひ力を貸してください」って、日本人の私に依頼することあるか? こんなこと言うかね、ちょっと考えればわかるでしょうよ。この言葉を直接聞かなかったからって、相手が反日かどうかの話をしたいなら、本人に直接聞いて、その人が反日だって言うならまだしもそうじゃないなら、なんか関係あんの? 本人が言ったからってそれが本心で誰かに言わされてることかもしれないって思ったら、本当にそうかどうかなんて意味ないでしょ。国家の中で生きる人間にはいろいろ事情があるよ。背負うものだってあるよ。そんなのお互いさまだよ。だからこそ、直接話すことがせめてもの、最低限の真実なんですよそこから先はお互いがどうするかなのにね。
 そもそも、ビジネスに反日かどうかなんて関係ない、と思えるかどうかは、その人がそこまで思い切れるかどうかにかかってると思いますが、ボークスの御霊発言のそのあとも、SDオーナーでいる人ならそれができなきゃおかしいよね。決めるのは私、お金を出すのも、大切にするのも私。作った人は作って終わり、そのあとはもう私のもの。そう思えるなら、すべてに「だからどうした」って言えるはず。
 そして、少なくともLUTSさんは日本のニーズをもっと知ったうえで商品開発をしたいし、だからこそ日本の皆さんにどうしたら多くの意見をもらえるか悩んでいるくらい。私から言えることは偏るけれど、それでも言わないよりはいいといろいろお話させてもらいました。LUTSさんは日本のユーザーさんを招待したお茶会を開いて交流したり、もっと商品を直接見せられる機会を多く持ちたいと常に考えている会社です。
 今回こんな話をわざわざ書いたのは、一部の人が吹聴する「反日感情」を真に受けて、「あの会社のものに関わるのはどうなのか」と躊躇する人がいることを知ったからです。オフ会を主催する立場の人間としては、そういうある種の穿った見方が定着してしまうことにより、そのメーカーのオーナーさんが自分の立場を弱いものとして認識されては困るのです。そんなの、つまらないでしょ! 好きになって買ったものが、その商品の特徴とは関係のないところで差別されるのは我慢できません。「なんかキモイ」という理由のほうがまだましです(個人的には)。
 連れて行きたいのに行けない、誰かに嫌がられるかもしれない、本来心配しなくてもいいことで煩わされるのは時間の無駄です。嫌がられても気にしないってのがある意味では理想なんですが、ドールオーナーさんは繊細な人が多いから。そこはね。
 少なくとも、私が関われる範囲ではそういうの、なしにしたいんです。
 だから書きました。
 少しでも安心できる人が居たら、それでいいです。
| 海外ネタ:アジア | 22:42 | - | - | pookmark