+TORD BOONTJE
+TWITTER
+R ARCHIVES
枢やな画集 黒執事2
枢やな画集 黒執事2 (JUGEMレビュー »)
枢 やな
なにこれ見たことないんですけど!?という一枚は良く見たら描き下ろしって書いてあった。そうでございますか・・・ありがたやありがたやと思わず手を合わせてしまう一冊。一冊目より最近の絵が多いので期待してましたが期待以上だったそしてアニメイト特典がまたすごかったありがたやありがたや。
今年はまたミュージカルあるしね! 誌上先行当たったことないけど当たりますように!
+OTHERS


みんなのブログポータル JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 6/9ウィンザーオフにご参加の皆様へ | main | 次を考えると勢いにまかせてポチれない、が、ポチらないと確実に買い逃すジレンマによせて。 >>
好きなので鼻が利く瞬間によせて。

■オフ会参加者の皆様へ。参加費、開催時間の最終報告メールを本日送信しています。必ず確認して会場にいらしてくださいませ。よろしくお願いいたします。

 少し前、というか私がライオンちゃんを買ってからその少しあとくらいからLUTSの新作が出るたびに、「新しいスタッフが入ったんだな」と思っていたんですが、今回発表された新作のZUZU達や、ユニコーンなBORYなんかを見てもーうあたしゃ確信しましたよ。一体誰が入ったのかってことに! 衣装の細部へのこだわり、ドール本体への演出方法、色彩感覚、すべてが数年前まで日々新作を楽しみにしていた私の感覚を呼び覚ますっつーかなんかキモい発言になってますがとにかく、あのデザイナーさんはファンタジーのプロです。さらに言うと、撮影してる人が誰かもわかっちゃう自分が怖いつーかでも私以外にも気が付いた人いたからそんなにクレイジーなことでもないみたいなんでちょっと一安心。デビューした新人がどこのアシスタントに行ってたかを当てるくらいのマニア感覚かもしれない。なんにせよ、今後のLUTSの展開が楽しみでならない。
 なんすかあの素敵なBORYは!! 最初チラ見せされてた後姿見ただけで、衣装のデザインが素敵すぎて早くも「これはやばい気がする・・・」となってましたが、全身見たらもっとやばかった。ただ・・・うちにはもうBORYがいるし、役割がキャラドールなので、違うヘッドで自分好みの顔だったら行ってたかもしれない・・・と思いつつ、まだちょっと悩んでいるのも確か。何で迷うって、ケンタボディを無理して買わなくても、角有ヘッドを選択して、人間ボディのみであのお人形を買うことができるというかなり自由度の高い選択肢に揺さぶられるわけですはい。角無ver.も選べるわけですが、まぁ私の場合そのへんはスルーできるんでいいとして、やはりあの角っこver.はいい・・・角の微妙なグラデとラメ具合も素敵・・・しかも色が選べるなんて・・・も、もうちょっと考えよう。
 どちらかというと、チラ見せ段階でボタン押す気満々だったのはバンシーだったんですが、いざデビューしたらネコ科ドールじゃなくてイヌ科ドールとわかりちょっと私の好みからは外れてしまいました。ただ、衣装とメイクはあの子のが一番好きなんですよね。色のバランスがいいのでなんだかじっと見てしまう。挙句考えたのが、耳パーツを猫にしちゃえば猫になるんじゃん?ということ。しかしあんなに綺麗にパーツを塗れるわけもないのでやはりここは諦めるか。
 もう一体、デビュー前から気になっていてかなり期待していたのがインキュバス。しかし・・・この名前で、この設定でいいのでしょうか(笑)。あんなにかわいいのに中身ドロドロかと思うと非常に浮き足立ってしまいますが、デビューで全身像見てすぐに「買う」と決心した理由は別にそこじゃなくて、


「マント!! マント羽織ってる!! しかもなんか羽根ついてる!!」


 というのに気が付いた瞬間でした。
 マントに弱いんです・・・。
 この前購入したZUZUも、マント着用画像を見たことが購入するに至った一番の要因だったので、今回欲しかったZUZUもマント着てるに越したことはなかったというか。単純に、相方にしたかったんです。戦士系の衣装を着てる感じがいいな〜と勝手にまだ見ぬ新人に思いを馳せていましたが、あんなに派手な感じのイケメンならもうなんでもいい。しかも彼・・・決め台詞みたいなのがあって、それが、

「今夜、お前の夢を訪ねるよ。もっとも甘い悪夢を味あわせてやる。」

 ですよ!?
 いろいろ考えるよ。

 羽根が黒いので、黒いボアにしてみるのもいっかな〜と。そのほうが魔王っぽくなるかも。早く二体並べたい。ぎゃーす。
 そういえばあの背中の羽根、マグネット着脱式ですって。ピンでとめてるのかと思ったらちゃんと考えられてた。それはいいね!

 こうなってくると、LUTSの今後が非常に気になってくるわけです。やはりドール作りというのは、メーカーの力、ではなく、造形師、デザイナーの力がとにかく重要で、中の人のこだわりをどこまでメーカーが吸い上げられるか、その人材をキープしておけるだけの甲斐性があるかってことで、そこができないと発展していけないので、そこに気が付けるかどうかなんだけどな〜・・・SOOMが今の状態になってしまってから随分経ちますが、今はもう私が知ってるスタッフさん誰もいないし、その人たちがいなくなってからのGEMシリーズの展開はもう毎回コメントする気にもならないくらいにまで興味がないというか・・・たまに「これは!」っていうのがあるので、もちろんチェックはしているんですけど、どっちかっていうとNeo-Angel Regionの方がiMdaの登場で賑わってるんじゃないかと思うくらい。
 この先どうなっていくのかも気になるし、またいつか「良い人入りましたね!」っていう目が覚めるような新作が登場するポテンシャルはまだまだあるので、諦めたわけではないものの、今後はLUTSのサイトを見る時間のほうが確実に増えることでしょう。

 せっかく好きなデザイナーさんが入ったので、ZUZUの衣装単品なんかも増えるといいなと別の期待もしていたり。
 そういえば、今回の限定ZUZUは限定販売ながら期間限定であり、今までのように個数限定ではないので安心して購入を迷えるわけです。もう迷ってないけど(笑)。毎回これだと気持ち的には楽になりますな〜。買う側としてはありがたい展開でございます。

 とりあえずインキュバスは買う!
 ふふ、名前考えよう。

 明日のオフ会では単体で撮影することになる白鳥王子ですが、今年中にペアで撮影が可能になるのか〜やったやった♪ 早く相方が欲しかったんです。問題は、そっから先はもう増やさないようにしないと小さいお人形は危険がいっぱい・・・。

 さて、明日は久々のウィンザーオフでございます。
 今年一番の暑さ、とか言われて「マジか・・・」となってますが、が、がんばります。
 ここ二週間くらい体調崩して満身創痍で働いてましたが、明日くらいははしゃぎたいっす。ま、先週の日曜日も発熱しつつ激痛の走る頭を痛み止めでごまかしつつごほごほいいながらアンティークフェア行ったんですけどね(笑)。

 あ、ちなみにアンティークフェアで買ったもの↓

 レプリカなんでアンティークではないのですが、サイズがよかった・・・。まず人形用のものを買ったとで、自分用のものも手に入れましたよ。

 ずっと欲しかったティーボウル。

 自分で書いたお話しには登場させてんのに、実際は持ったことがないという状態でしたが、やっと触れたぜ・・・。まぁ、脚付きの湯飲み、なんですけどね、ようするに。ティーカップにハンドルが付く前のカップですから〜。
 本当はハンドル付きのカップを探しに行ったんですが、今はもうカップがそんなに売れないそうで、取り扱うお店がどんどん減ってしまい好みのものがみつからず、ちょっといいな〜と思ったものは「五万円です」と笑顔で言われて「ですよねー」と笑顔で帰ってきました(笑)。
 お皿付きのほうがよかったけど、値段が手ごろだったので記念に購入。1930年頃のスイス製だそうですよ。そんなに昔のでもないですが、いいのだ、とにかく欲しかったんで。あーでもあんなにカップ取扱い店が少ないとは思わなかった! 知り合いのお店で聞いたら「イギリスに行けばいいカップたくさんあって、買ってきたくなるんだけど売れないからねぇ」と言ってて・・・そうか・・・現地行った方がそりゃいいもんあるよね、と。イギリス行きたい。

| 海外ネタ:アジア | 22:50 | - | - | pookmark