+TORD BOONTJE
+TWITTER
+R ARCHIVES
枢やな画集 黒執事2
枢やな画集 黒執事2 (JUGEMレビュー »)
枢 やな
なにこれ見たことないんですけど!?という一枚は良く見たら描き下ろしって書いてあった。そうでございますか・・・ありがたやありがたやと思わず手を合わせてしまう一冊。一冊目より最近の絵が多いので期待してましたが期待以上だったそしてアニメイト特典がまたすごかったありがたやありがたや。
今年はまたミュージカルあるしね! 誌上先行当たったことないけど当たりますように!
+OTHERS


みんなのブログポータル JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< なんかこう、がつーん!という情報がないとあまりやる気が起きない今日この頃によせて。 | main | LUTSのアラゴルン、SOOMの卵・・・とかいろいろねっによせて。 >>
そういやあの舌技ドールは今どうなっているのかによせて。

 前回お話したIOSの新作、ヴァンパイアヘッドのお兄さんはその衝撃の舌パーツがなんとも印象的なドールでしたが、その直後Iple Houseから女性のヴァンパイアヘッドが登場しこれまた舌なめずり状態のなんとも扇情的な造形なわけですが、あれ・・・待てよ・・・ものすごく前の話ではありますが、今回立て続けに発売された男女とは全く違ったもっと少女っぽいヘッドで舌の造形が印象的なドールあったな、あれってなんだっけ?と自分のブログを検索で見返してみたところ、あった。みつかった記事は2008年11月! まず、メーカー名は"Not doll"、ドールの名前は"Blue Citron"。私ちゃんとリンク貼ってましたが、リンク先にはもうなにもなく、検索してサイト引っ越してやしないかと調べてみたものの、わかったことは、

 「2001年に設立されたメーカー。2012年に突然サイトが消えてしまい音信不通に。オーダーを受けたまま雲隠れしてしまたっため、多くのオーナーが返金されないまま放置された」

 という情報が出ました。
 あら・・・まさかそんなことになっていたとは。個人的にはあまり興味がある種類のドールではなかったためそんなに注目していなかったこともあり、そのあたりの情報は全く追えてませんでした。
 ちなみに、Not Dollで画像検索したらBlue Citronの画像がいろいろ出てきましたのでリンク貼っておきます。当時としてはあの舌は画期的だったなぁ〜。見たことなかった、という意味で。かなり落ち着かない表情ではありましたが、他にはない、ということでいえば魅力あるヘッドだったようで、オーナーさんそれなりにいたはず、特にあのメーカーさんは欧米の人には引きがあったんではないかと思います。
 メーカーは消失しても、その造形の権利を買って現在販売しているとこはないのかな?(海外ドールではこういうことがよくあるので)と検索してみましたが、どうやらそういうとこはない模様。意外にもLUTSのサイトに名前だけ残ってたり。LUTSは他社ドールの取り扱いが一時期かなり多かったこともあるんで頷けます。

 なんとなく、私が腐女子ということを抜きにしても、いまんとこ「舌」という限定的なパーツに限っていうと、IOSのお兄さんがチャンピオンだな! 衝撃度が違うよ・・・あのオーラ、仕草のすべてが職人芸だと思います。まぁ、好きかっていうとそこは違いますが。


 ついでにもういっちょ。
 衝撃的なパンダ見ちゃったんでご紹介。
 fallin dollの"PANDA"です。
 体型が昭和の日本人みたい。
 ・・・細いパンダに意味あるのか!?と根底から否定しちゃってごめんなさいでもあの某シャレオツカエルドールと違って、パンダがほっそりでツルツルすべすべしてる必要性なんてないとおも・・・いませんかどうなのほんとにつかこれ着せ替え用? よくわかんない。

 一目見て思わず「あひょー」と言ってしまいました。思い出したのはゲーム、バストアムーブ、のパンダー、です。まぁ、こっちは中身オッサンだけども(笑)。

| 海外ネタ:アジア | 23:13 | - | - | pookmark